備前焼の鉢 入荷

備前焼の鉢 入荷
  • 備前焼の鉢 入荷
  • 備前焼の鉢 入荷
こんにちは。
今日の児島は曇り。クーラーは必須ですが大分過ごし易いです。
弊社のお盆休みは昨日までで今日からスタートです。
お盆中に依頼をしていた備前焼の鉢が上がってきたとBanksiaさんから
連絡がありわざわざ鉢を届けてくれました。
(Banksiaさんは岡山で塊根系の植物など珍しい植物を扱ってる方です)
出来上がりは画像のようにとても素敵に仕上がっていました。
備前焼は釉薬をかけずに焼き上げるのが王道?ですがこちらの鉢には
使っています。ですので一見備前焼には見えないかもしれませんが歴史のある
窯元に依頼して作成して頂いた備前焼であります!!!
備前焼は植物の育成にも良いとまことしやかにささやかれています。
是非、お気に入りの植物を植えて試して頂ければと思います。
(ちなみに3号鉢です)
2017.08.16

ツルビニカルプス属 アロンソイ

ツルビニカルプス属 アロンソイ
こんにちは。
今日の児島は晴れ。
会社としては明日からお盆休みです。
BLUEWALLは休まず営業しています!
(同じ会社ですが暑い中、ご苦労様ですと心から言いたいです。)

今日は久しぶりにサボテンの写真です。
写真のサボテンはツルビニカルプス属のアロンソイというサボテンで
とても成長が遅くじっくり育てることができるのでサボテンの愛好家の中でも
育ててる人が多いです。
小型な上に花もとても綺麗なので私も好きなサボテンの上位に入ります。
この暑い中、これまた花を咲かせてくれてご苦労様です!と心から言いたいです!

連休中は是非児島のジーンズストリートへ遊びに来て下さい!
PERMANENT BLUEに桃太郎ジーンズ、ジャパンブルージーンズ、アービンにソウライブと
様々な雰囲気のデニムが味わえると思います。
2017.08.10

裁断・縫製工場 特集ページ

裁断・縫製工場 特集ページ
  • 裁断・縫製工場 特集ページ
  • 裁断・縫製工場 特集ページ
  • 裁断・縫製工場 特集ページ
こんにちは。

前の記事にもあるように、SETTOとTEXTURE WE MADEの
裁断・縫製工場を巡ってきました。
その際に撮った写真をまとめた特集ページを公開中です。

なかなか見れない、製品ができるまでの裏側はとても興味深いです。
様々な人の手仕事に支えられ、SETTOは成り立っているのだと
改めて実感しました。
また機会があれば訪れたい場所です。
2017.08.08

児島 縫製工場周り

児島 縫製工場周り
こんにちは。
今日の児島は晴れ。
連日の真夏日に服はTシャツと短パンだけで良いのではないのか?と自問自答しています。

SETTOでは8月上旬を秋冬の製品の立ち上がりとしていますので、現在工場さんから沢山の
製品が納品されています。(決算が8末なので決算月をどうにかしてもらいたい)

このタイミングで縫製工場さんに行くと沢山の自社の製品が縫われているので、ブログ用などで
写真を撮らせて頂きました。
SETTO、TEXUTRE WE MADEを縫っていただいてる工場は車で15分以内と中々の近距離です。
問題があればすぐに見に行けるのもこの児島という地域の特徴ですね。
工場の中へ入るとちょうどTEXTUREのCTX-006 WIDE TUCK TROUSERSが縫製されていました。
一本のパンツになる前の組み合わされたパーツをみるのはとても興味深いです。

工場ではいつもミシンの説明をして頂けますが、小学生の時の授業でミトンがうまく縫えなくて
挫折したままなので毎度何をいってるのか全然わかりません。
わかっていないから思い切った無理なコトを言えると割り切って考えないようにします。

写真を撮りに行くとどうしても作業の邪魔になるとは思いますが、今後もたまには見学させて頂こうと
思うのでBLOGでも工場の様子など掲載していこうと思います。
2017.08.03

植田正治写真美術館

植田正治写真美術館
  • 植田正治写真美術館
こんにちは。
今日の児島は晴れ。
時期的には一番暑い時期なのでしょうか?
先週末は鳥取にある植田正治写真美術館に行ってきました。
道中は山の中ですが、いきなり現代的な建物が現れます。
植田正治さんは世界でもっとも注目された日本人写真家で、
写真誕生の地、フランスでもueda-choと作風が認知されているようです。

私、恥ずかしながらSNSに持って来いな美術館程度の認識しかありませんでしたが、
レジェンドの美術館だったようです。
(館内では大山が一望できる&ueda-choの作風を体現できるような写真スポットがあります)

展示されている写真を見させていただくと、なぜかどこかで見たことのあるような写真ばかり!!!
恐らくこの方に影響を受けた写真家の方がとられたものを私は目にすることが多かったからだと思います。
全く、古さを感じさせない作品たち!!
是非、鳥取に行くことがある時は足を運んでみてください!!!
2017.07.31